Bromptonチェーンテンショナー交換

この自転車も6年ほどになってしまい、あちこちパーツがヘタってきている。

今回は一番メンテしなきゃいけなかった箇所を分解・清掃、そしてパーツのアップグレードをしてみた。

先ずはパーツの取り外しから・・・

金属チェーンを支えるパーツがオールプラスチック・・・(^^;

でも、自分で分解してみると、Bromptonが非常によく考えられて造られているのがわかる。


普段から軽い清掃は行ってましたが、汚れがかなり溜まってますね・・・。



新旧、プーリー部を比較。

歯が相当削れてしまってた。

今回この作業をしなかったら気付かなかっただろうなぁ・・・

お店に作業を任せるのが一番安心だけど、自分でやらないと、こういう気付きはできないですね・・・



流用部品はシッカリ清掃。

そして、取り付け順に並べておく。


組付け完了。

作業時間は15分ほど・・・

いつも専門店にお願いすることも多いパーツの取り付け作業。

自分でやってみると、普段から確認しなければいけない箇所がわかるようになるから、できる範囲で自分でやることにしている。


こんな感じになった。

10kmほど試走してみたけど、駆動部分を支える部品を金属パーツにしたことで、ロス無く踏み込めるようになった。

風の強い日は前に進むのもやっとの状態だったけど、楽にこげるようになった。

そして、こちらもかなりヘタっていた・・・


シートとグリップもリニューアル。

コイツに乗るのが休日の楽しみになっているので、まだまだ使い倒していきたいと思います!



iPhone SE

sketch of heart

辿った足跡を備忘録的に・・・

0コメント

  • 1000 / 1000